新着順:950/1141 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

やっと一息つけました・・

 投稿者:和也本人  投稿日:2013年 3月 2日(土)10時44分29秒
  通報 返信・引用
  ひかる!元気そうで良かった!ご家族の皆さんも幸せそうで嬉しかったよ!

イングランドから帰ってコンサートがあり、すぐに映画の撮影で北九州に飛び、帰ってすぐに新作ドラマの撮影が始まり、今日やっとお休みです・・・

いや、でもほんと最高でしたイングランド!
ロンドンの劇場はサドラーズウェルズといって1623年から続く由緒ある劇場で今はバレエやコンテンポラリーダンスなど主にダンスの公演が多いのですが時々我々のような珍しい公演も海外から来ているようです。

「ANJIN」はロンドンで大成功を収めました!初日の客席にはアラン・リックマンやサー・アントニー・シャー等大物俳優達も観に来ていました。

まずお客様の反応が驚くほど違いました!最初からよく笑うし、我々の日本語の台詞に対しても素早く反応し、芝居を心から楽しんで、それを表現してくださるので演じている我々はとても楽しくやりがいがありました!

初日が開くとすぐに有力紙に劇評が載り(イブニングスタンダードやタイム等)なんと四つ星の評価をいただきました!

劇評も深く芝居を考察し、日本と英国の見事なコラボレーションを絶賛していました。

ロンドンでの10日間の公演を終え、私は共演者で友人のジョシュア・リチャーズさんのお宅のあるヨークシャーのハリファックスというところへ列車に乗って遊びに行きました。

キングスクロス駅からグランドセントラルという名の黒いボディーにオレンジのストライプが入った列車に乗って2時間半、のんびりとした旅です・・

夜にハリファックスの駅に着くとやや霧に包まれていて目の前に見たことも無い形の教会が立っていました。
その美しさに思わずしばし、見とれてしまうほどでした・・

ハリファックスは古くは繊維で栄えた町でたくさんの工場が今でも残っていますが、全て地元で取れた石で出来ていて独特の色合いをしています。薄い黄土色といったらいいのでしょうか、町全体が道路も建物も統一された色合いなのです。
これがほかの町とは違うハリファックス独特の景色を作り出しているのです。

かつてヨーロッパ最大だった工場は今では中を改装し劇場やカフェやレストランなど文化の中心地になっています。そこでは北部イングランドの方言や文化にこだわった芝居作りをするカンパニーがあってロンドンとは又違う演劇文化に触れることができました。

3日間ヨークシャーで過ごしその後シェイクスピアの生誕地ストラットフォードへ本場のシェイクスピア劇を観に行きました。ロイヤルシェイクスピア劇場は大小2つの劇場があり
その裏手には川が流れ白鳥が泳いでいました・・

大劇場では「冬物語」の上演中で私はそれを観ました。
ジョシュさん曰く、「シェイクスピアは詩であり、その劇は観ると言うより台詞を聞きに行くものだ。」

本場の俳優さんたちの英語は美しく詩的でそして、とてもさりげないものでした・・
幕間に外へ出ると星が瞬き、冴え冴えとした空気の中で白鳥の鳴く声を聴き、劇場のロビーには数々のシェイクスピア俳優達がまとった衣装がほんとにさりげなく飾られていて
大人のための芝居文化がしっかりとそこに根付いているのを感じました・・

今度のイングランドの旅は私にとってかけがえの無い経験になりました。
この経験を生かし、さらにいいものを創るよう励もうと思います!

では!
 
》記事一覧表示

新着順:950/1141 《前のページ | 次のページ》
/1141