teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


『神々の黄昏』,繋ぎ目がない舞台

 投稿者:mathhis  投稿日:2020年 5月24日(日)12時49分40秒 123.230.238.4.eo.eaccess.ne.jp
返信・引用
   びわ湖ホール公演(2020.3.7~3.8)では,同じ幕内での場面転換が3回ありました.4面舞台・映像とスタッフの構成力で,場面を滑らかに繋いでいきます.

 序幕.「夜明け前,ノルンたち」,背景にプロジェクションマッピング(以下,PM)で火炎が揺れている.
 「ジークフリートのラインへの旅」.ジークフリートが岩山の後ろへ消える.ブリュンヒルデが岩山に上り,ジークフリートを見送る.舞台前面に紗幕が下り,PMの映像で火炎が映し出される.暗転して,オーケストラ演奏.PMの映像が「道→ライン川→船の先端」と変化.舞台全体に広がった船がライン川の激流に 大きく揺れ,酔ってしまいそう.前面紗幕の後ろ(舞台上)では場面転換が進んでいる.照明が消されていて,客席からは見えない.音を立てないように慎重に作業.PMの映像が「ギービヒ家大広間」に変わり,前面紗幕が上がると「ギービヒ家大広間」が現れる.同じ幕内で場面転換完了

 照明が消された舞台上.限られた時間の中で,お互いに連絡を密に取って手順を確認し,音を立てないように注意して作業する.スタッフが「繋ぎ目がない舞台」を構成しています.今回の公演も2日間とも一部の隙も無かった.毎回の事ながら,見事という他ありません.

鑑賞レポート>2020.3(『神々の黄昏』)
http://nifty3.my.coocan.jp/report202003.htm?teacup20200524

 
 

びわ湖ホール声楽アンサンブル第70回定期公演  オペラ作曲家の横顔~ロッシーニ~

 投稿者:mathhis  投稿日:2020年 4月 1日(水)13時10分5秒 123.230.238.4.eo.eaccess.ne.jp
返信・引用 編集済
   新型コロナウィルスのため公演中止.びわ湖ホールから送られてきた公演プログラムの「プログラム」を掲載しました.

〇日時:2020年3月28日(土)14:00開演
 会場:びわ湖ホール 小ホール
 指揮:大川修司(びわ湖ホール声楽アンサンブル指揮者)
 ピアノ:渡辺治子
 独唱・合唱 びわ湖ホール声楽アンサンブル
  ソプラノ:熊谷綾乃,平尾悠,船越亜弥,山田知加
  アルト :上木愛李,小林あすき*,藤居知佳子,森 季子*
  テノール:谷口耕平,蔦谷明夫,坂東達也,宮城朝陽
  バス  :市川敏雅,林 隆史*,的場正剛*,美代開太
   *びわ湖ホール声楽アンサンブル・ソロ登録メンバー
 プログラム:
  ロッシーニ作曲
   ヴェネツィアの競艇(三つのカンツォネッタ):山田知加(Sop.)
    -競艇前のアンゾレータ
    -競艇中のアンゾレータ
    -競艇後のアンゾレータ
   ヴェネツィアの競艇(二声の夜想曲):熊谷綾乃(Sop.Ⅰ),上木愛李(Sop.Ⅱ)
   セレナータ(二声の夜想曲):山田知加(Sop.),宮城朝陽(Ten.)
   笑おう,歌おう(小四重唱曲):熊谷綾乃(Sop.),坂東達也(Ten.Ⅰ),蔦谷明夫(Ten.Ⅱ),美代開太(Bas.)
   一日中おしゃべりな動物たち(無限カノン):平尾悠(Sop.Ⅰ),藤居知佳子(Sop.Ⅱ),蔦谷明夫(Ten.),美代開太(Bas.)
   乾杯(男声四部合唱曲) 独唱:市川敏雅(Bar.)
   信仰,希望,慈愛(三つの宗教合唱曲) 独唱:熊谷綾乃(Sop.)
   スターバト・マーテル
    第1曲 導入曲
    第2曲 テノールのアリア:谷口耕平(Ten.)
    第3曲 ソプラノⅠ・Ⅱの二重唱:船越亜弥(Sop.Ⅰ),藤居知佳子(Sop.Ⅱ)
    第4曲 バスのアリア:市川敏雅(Bas.)
    第5曲 無伴奏合唱とバス独唱のレチタティーヴォ:市川敏雅(Bas.)
    第6曲 四重唱:船越亜弥(Sop.Ⅰ),藤居知佳子(Sop.Ⅱ),谷口耕平(Ten.),市川敏雅(Bas.)
    第7曲 ソプラノⅡのカヴァティーナ:藤居知佳子(Sop.Ⅱ)
    第8曲 アリアと合唱(ソプラノⅠのアリア):船越亜弥(Sop.Ⅰ)
    第9曲 無伴奏の四重唱:船越亜弥(Sop.Ⅰ),藤居知佳子(Sop.Ⅱ),谷口耕平(Ten.),市川敏雅(Bas.)
    第10曲 フィナーレ
 

『神々の黄昏』無観客公演・無料ライブストリーミング,一つの新聞記事を読んで

 投稿者:mathhis  投稿日:2020年 3月12日(木)11時01分47秒 123.230.227.195.eo.eaccess.ne.jp
返信・引用 編集済
   オペラ公演はチケットが完売しても赤字であることは広く知られています.今回の『神々の黄昏』に関する一つの新聞記事に注目しました.「オペラ「神々の黄昏」ネット配信」(3月6日朝日新聞朝刊滋賀面).「総製作費は1億6千万円で,チケット払い戻しの損失は6千万円」.今回もチケットは早くに完売しましたが,予定通り公演が行われていても1億円の赤字.おそらく他の黒字公演や貸館収入では補いきれない.残りは滋賀県からの補助金が穴埋めする.そのためにびわ湖ホール声楽アンサンブルは,「地域での音楽普及活動」(滋賀県内の小学校に出向き「学校巡回公演」や「ふれあい音楽教室」)などを毎年実施しています.今年度は鳥取県,島根県,岡山県,広島県内の小学校へ巡回公演(「泣いた赤鬼」)にも行きました.

 しかし,滋賀県からびわ湖ホールへの支出について反対する方が少なからずいると思われます.実際にびわ湖ホールの存続が危うくなった歴史があります.本格的なオペラ公演を行えるホールは,国内ではびわ湖ホール,新国立劇場などわずかしかありません.今回のことにより良くない方向へ流れないか少し心配しています.
 

プッチーニ: 歌劇『ジャンニ・スキッキ』(予告)

 投稿者:mathhis  投稿日:2020年 2月27日(木)15時56分16秒 123.230.227.195.eo.eaccess.ne.jp
返信・引用 編集済
  遺産を巡る痛快なドタバタコメディを最高のオペラで!!

日時:2020年4月26日(日)15:05~16:05
会場:びわ湖ホール 大ホール
指揮:沼尻竜典,舞台構成:中村敬一
出演:
 ジャンニ・スキッキ: 青山 貴
 ラウレッタ: 石橋栄実
 リヌッチョ: 二塚直紀*
 ヅィータ: 福原寿美枝
 ゲラルド: 清水徹太郎*
 ネッラ: 中嶋康子
 ベット・ディ・シーニャ: 的場正剛
 シモーネ: 加藤宏隆
 マルコ: 迎 肇聡
 ラ・チェスカ: 溝越美詩
 スピネッロッチョ先生: 山本康寛*
 公証人: 竹内直紀* ほか
  *びわ湖ホール四大テノール
料金(税込):
 S席3,000円/A席2,500円/B席2,000円
 18歳以下S・A・Bともに500円引き

 歌劇『ジャンニ・スキッキ』
 https://festival.biwako-hall.or.jp/2020/performance/39
 

掲示板「elderな生き方」(teacup)にようこそ

 投稿者:mathhis  投稿日:2020年 1月17日(金)21時05分41秒 123.230.227.195.eo.eaccess.ne.jp
返信・引用
  拙サイト「elderな生き方」の各ページに関して,利用者・管理者の情報交換に使っています.公演の感想・メッセージ・追加情報の投稿をお願いします.  

びわ湖ホール声楽アンサンブル第69回定期公演 合唱劇「かなしみはちからに、~宮沢賢治 未来への手紙~」(予告)

 投稿者:mathhis  投稿日:2019年 5月18日(土)16時07分39秒 123.230.227.195.eo.eaccess.ne.jp
返信・引用
  日時:2019年9月14日(土)14:00開演
会場:びわ湖ホール 小ホール
指揮・ピアノ:寺嶋陸也,演出:しままなぶ
クラリネット:草刈麻紀,ピアノ:斎木ユリ
曲目
 林 光:宮沢賢治の詩によるソングアルバム(岩手軽便鉄道の一月)
 寺嶋陸也:合唱劇「かなしみはちからに、~宮沢賢治 未来への手紙~」
出演:びわ湖ホール声楽アンサンブル
 ソプラノ:熊谷綾乃、平尾悠、船越亜弥、山田知加
 アルト:上木愛李、藤居知佳子、益田早織
 テノール:谷口耕平、蔦谷明夫、坂東達也、宮城朝陽
 バス:市川敏雅、美代開太
料金(税込):
 一般3,000円,青少年(25歳未満)1,500円【全席指定】,
 69回・70回定期セット券(一般):5,000円

 びわ湖ホール声楽アンサンブル第69回定期公演
 https://www.biwako-hall.or.jp/performance/2018/11/26/69-1.html
 

イタリア声楽曲研修Ⅱ(予告)

 投稿者:mathhis  投稿日:2019年 4月24日(水)13時13分16秒 123.230.227.195.eo.eaccess.ne.jp
返信・引用
  若杉・長野音楽基金を活用し、ソプラノ歌手としてイタリアを拠点に活躍する山崎美奈によるびわ湖ホール声楽アンサンブルのための研修を行います。研修内容はイタリアの声楽曲とし、指導の様子を広く一般に公開します。

日時:2019年8月22日(木),23日(金)14:00開演 13:30開場 18:00終了予定
会場:びわ湖ホール 小ホール
講 師:山崎美奈(ソプラノ)
受講者:びわ湖ホール声楽アンサンブル
料金(税込):
 (2日通し券)一般:2,000円 U30席(30歳以下):1,000円
 (1日券)一般のみ:1,500円
 ※全席自由席

 イタリア声楽曲研修Ⅱ
 https://www.biwako-hall.or.jp/performance/2018/11/26/post-735.html
 

沼尻竜典オペラ指揮者セミナーⅤ ~『魔笛』指揮法~(予告)

 投稿者:mathhis  投稿日:2019年 4月24日(水)12時54分16秒 123.230.227.195.eo.eaccess.ne.jp
返信・引用 編集済
   若杉・長野音楽基金を活用し、国内外で活躍する沼尻芸術監督が講師を務め、音楽の作り方やオペラならではの技術等を指導するセミナーを平成27年度より実施しています。5回目となる2019年度も引き続き、全国より受講生を募集し、その指導の様子を広く一般に公開し、ともに学ぶ機会を提供します

日程;2019年8月5日(月),6日(火),7日(水)
会場:びわ湖ホール 大ホール
講師:沼尻竜典(びわ湖ホール芸術監督)
演習曲:モーツァルト作曲 歌劇『魔笛』より抜粋
受講者:プロのオペラ指揮者を目指す若手音楽家
管弦楽:大阪交響楽団
ピアノ:平塚洋子、湯浅加奈子
歌 手:びわ湖ホール声楽アンサンブル・ソロ登録メンバー ほか
内容:
 8月5日 2台のピアノを用いて、楽曲分析や指揮法等
 8月6日 受講生によるオーケストラ演習
 8月7日 受講生によるオーケストラ演習/受講生による演奏会
料金(税込):
 (3日通し券)一般:5,000円 U30席(30歳以下):2,500円
 (1日券)一般:2,000円 U30席(30歳以下):1,000円
 ※全席自由席

 沼尻竜典オペラ指揮者セミナーⅤ
 https://www.biwako-hall.or.jp/performance/2018/12/17/post-762.html
 

大津シンフォニックバンド第76回定期演奏会 ~創立40周年記念演奏会~(予告)

 投稿者:mathhis  投稿日:2019年 4月24日(水)12時30分51秒 123.230.227.195.eo.eaccess.ne.jp
返信・引用
  日時:2019年5月19日 (日) 開場 13:00 開演 14:00
会場:びわ湖ホール大ホール
指揮:森島洋一(音楽監督),中嶋民男(常任指揮)
ゲスト奏者:
   藤原 功次郎(日本フィルハーモニー交響楽団トロンボーン奏者),
   原田 恭子(ピアニスト)
プログラム:
- 第1部 -
 アルメニアン・ダンス [全曲] (アルフレッド・リード)
- 第2部 -
 トロンボーンとピアノと吹奏楽のための協奏曲 (藤原 功次郎)
- 第3部 -
 委嘱新作 (高 昌帥)
 2019年度 全日本吹奏楽コンクール課題曲より
 新時代への序曲 (ヤン・デ=ハーン)
  ※都合により曲目、曲順を変更する場合がございます。
  ※開演前に、ホワイエにてアンサンブルコンサートを予定しております。
チケット:指定席1,500円,自由席前売り1,000円(当日1,300円)
  ※当日券はチケット販売状況によりご用意できない場合がございます。
  ※未就学児の入場はご遠慮願います。

 第76回定期演奏会
 http://osb.jp/concert/
 

「近江の春 びわ湖クラシック音楽祭2019」(予告)

 投稿者:mathhis  投稿日:2019年 3月11日(月)13時08分34秒 61.245.76.201.er.eaccess.ne.jp
返信・引用
  日時:4月27日(土)・28日(日)
会場:びわ湖ホール(大ホール・中ホール・小ホール・メインロビー・湖畔広場),ピアザ淡海,大津港,遊覧船ビアンカ

 2018年度よりスタートしたびわ湖ホール芸術監督の沼尻竜典がプロデュースするクラシック音楽の祭典です.毎年ゴールデンウィーク期間にびわ湖ホールを中心会場として開催します.

 厳選した一流アーティストやオーケストラの競演がびわ湖ホール3つのホールやメインロビーなどで気軽に楽しめます.滋賀県の伝統芸能や,地元高校生たちが出演するステージ,琵琶湖のほとりにたたずむ劇場ならではのロケーションを活かした湖畔会場でのパフォーマンスや,湖上コンサートなど.びわ湖ホールならではの楽しさ・見どころが満載です.レイクビューコンサート(メインロビー,無料),マーチング(湖畔広場,無料).

 今年のテーマは、ヴェルディの『運命の力』のアリアの一節から“神よ、平和を与えたまえ”です。

 公演情報
 https://festival.biwako-hall.or.jp/2019/performance/
 

レンタル掲示板
/15