teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


神戸岩蔵慰霊祭の奏上文

 投稿者:桂小五郎  投稿日:2011年 4月 1日(金)20時39分19秒
返信・引用
  この奏上文は、神戸岩蔵慰霊祭(2011・1・29)の時に赤間神宮の青田龍子神職が奏上されたものです。
下関支部会員及び当日参加された皆様方の想いが100%込められています。
尚、神戸岩蔵のご子孫(河原田様)には、下関支部から届けられています。
                   下関支部長 吉井克也 (代行投稿:中村 正)

http://byakko1868.web.fc2.com/

 
 

頑張れ 東北!。 頑張れ 日本!(2)

 投稿者:桂小五郎  投稿日:2011年 3月21日(月)11時30分35秒
返信・引用
  下関支部長からのメッセージです。

http://byakko1868.web.fc2.com/

 

頑張れ 東北!。 頑張れ 日本!

 投稿者:桂小五郎  投稿日:2011年 3月21日(月)11時28分26秒
返信・引用
  白虎隊の会の皆様へ

残念ながら、会津での除幕式は中止になりました。

西日本にいる僕達、私達は、今は、物資の提供と義援金を集めることと、
被災者の皆様の健康を祈ることしか出来ません。

頑張れ 東北!。  頑張れ 日本!

http://byakko1868.web.fc2.com/

 

容保桜がつなぐ京都と会津

 投稿者:桂小五郎  投稿日:2011年 3月13日(日)20時01分35秒
返信・引用
  昨年、3月31日に飯沼さんをお連れして「容保桜」を見学しましたが、
(掲示板に既報)この度、桜守16代目、佐野藤右衛門が容保桜の苗木を育てて
いて数年後には、鶴ヶ城公園に植樹することが京都府庁より発表された。

記事中で紹介しているのは、昨年、飯沼さんと訪れた際に対応してくれた、
京都府有資産活用課の植村参事、長谷川副課長さんの二人。
京都会津会 森田会長、会津若松 菅家市長も喜びの声を載せています。
(詳細は、新聞記事をご覧下さい。)


  「飯沼さんに、京都守護職屋敷跡で講演を!」 計画中

私はその後、ある事からお二人と交流を図り現在、京都府有資産活用課の植村参事、
長谷川副課長が中心で活動している、「府庁旧本館利活用応援ネット」に参画。
その活動の中で、飯沼さんが、京都守護職屋敷跡でもある「府庁旧本館で講演」
(京都府庁旧本館連続講座Ⅳ)できるよう活動しており、
9月には実現できる見通しが立ってきました。

  タイトル:松平容保と白虎隊(仮)

詳細が確定したら掲示板でご案内いたします。
                       京都支部長 中村 正

http://byakko1868.web.fc2.com/

 

チャリティさるく

 投稿者:日下義雄  投稿日:2011年 3月13日(日)17時11分54秒
返信・引用
  ニュ-スで地震を知り驚いております。
会津若松支部をはじめ、東北・北陸・関東地区の会員の皆様に、
心からお見舞い申し上げます。
皆様のご無事、ご安全と被害の最少を心より祈念申しあげます。

京都支部から西日本側の各支部に、支部単位で義援金を送りましょうとの
呼びかけに

長崎支部としては、私の学さるくを
「会津を救えチャリティさるく」としました。
1日増やして3/26.3/27の二日間としました。
すでに、さるくに参加された会員の方も居られますが
多くの方々への参加呼びかけをお願いしました。
長崎さるくのHPにもUPの予定ですのでよろしくお願いします。
www.saruku.info/
                        長崎支部長  工藤新一
 

Re: 坂井隊員の消息を教えて下さい。

 投稿者:羽角  投稿日:2011年 3月13日(日)15時35分55秒
返信・引用
  > No.154[元記事へ]

桂小五郎さんへのお返事です。

坂井隊員の件ですが、彼は坂井峰治という名の
白虎士中二番隊士(飯沼貞吉と一緒)です。

「戊辰戦争実歴談」を残した酒井峰治とは別人で、
彼らの顔色から、仲間は酒井を「赤峰治」、坂井を「青峰治」と
呼んで区別していたとか。。

その坂井峰治は戸ノ口原の戦いの後、退却中にはぐれ、
塩川で河原田治部(河原田精神隊の隊長:会津の河原田さんのご先祖様)
の隊に加えてもらいました。
会津藩が降伏し、謹慎赦免の後に名を正義と改め、
郵船会社函館支店の課長に進んだことだけ判っています。
(出典:『会津白虎隊のすべて』所収、前田宣裕「生き残った白虎隊士たち」)

http://byakko1868.web.fc2.com/

 

地震の御見舞

 投稿者:桂小五郎メール  投稿日:2011年 3月13日(日)10時10分9秒
返信・引用
  ニュ-スで地震を知り驚いております。
会津若松支部をはじめ、東北・北陸・関東地区の会員の皆様に、
心からお見舞い申し上げます。
皆様のご無事、ご安全と被害の最少を心より祈念申しあげます。

京都支部から西日本側の各支部に、支部単位で義援金を送りましょう。
と呼びかけました。

早速、下関支部長、長崎支部長から賛成の声をいただきました。
長崎支部では、
チャリティ講演会「長崎と会津をつなぐ人々」をやろうと思います。
とのお返事がありました。

別のメンバーでは、家庭での電力消費を控えて、中部電力や関西電力から関東・東北の
電力会社に今夜から送電する運動も始まっています。

今から、京都市・京都府に一般市民が支援として何が出来るか問い合わせします。
家内も、衣類や毛布など送りたいので窓口がどこか探して欲しいと言っています。

白虎隊の会の方々(東北・北陸・関東地区)のご無事、安全と、
被災地の方々の一日も早い復旧を願っています。

                        京都支部長 中村 正
 

創作料理「四季の味 小樽」が新聞紹介されました。

 投稿者:桂小五郎  投稿日:2011年 3月10日(木)20時06分14秒
返信・引用
  本州の西の端、下関支部事務局でもある、創作料理「四季の味 小樽」が、3/4山口新聞に紹介されました。
女将の壱岐初枝さんと、兄 吉井克也さん(下関支部長)は、飯沼貞吉のお世話をした美祢・小杉 高見フサの子孫です。
今年の正月にも行われた、「会津の隠密 神戸岩蔵さんの墓の清掃、慰霊蔡」など支部活動にも積極的に参加されています。

神戸岩蔵さんの墓の清掃、慰霊蔡の時にも、新聞に取り上げられ、その記事を見たお客様も増えているとか、、、、

これも、志士達を顕彰する心が人と人の”絆”をつないでくれているのかもしれませんね。

全国の白虎隊の会の皆様
 下関に行かれる時には、是非、「四季の味 小樽」にお立ち寄り下さい。

     京都支部長  中村 正 (注:お店は、私の出身の中学校のすぐそばです。)

http://byakko1868.web.fc2.com/

 

坂井隊員の消息を教えて下さい。

 投稿者:桂小五郎メール  投稿日:2011年 3月 9日(水)11時39分16秒
返信・引用
  下関支部、23年度 春の総会報告と、白虎隊の会への問い合わせです。
坂井隊員について、ご存知の方は、回答をお願いします。
  京都支部長 桂小五郎(代理 投稿)
.
 

下関支部長が紹介されました。

 投稿者:桂小五郎メール  投稿日:2011年 2月 7日(月)23時33分18秒
返信・引用
  白虎隊の会 各位どの

下関支部長(吉井克也氏)が紹介されました。
2011年02月07日 朝日新聞に掲載された記事

http://mytown.asahi.com/yamaguchi/news.php?k_id=36000271102070001


会津と交流 不思議な縁から/吉井克也さん
2011年02月07日


白虎隊の会下関支部長/吉井克也さん(64)=下関市


戊辰戦争で敵味方に分かれて戦った長州と会津の友好を深めようと、昨年10月に「白虎隊の会」下関支部を設立し、支部長に就いた。


元中学教諭。2007年3月に校長で定年退職し、今は下関市教育委員を務めるかたわら両者の交流活動に取り組む。「長州や会津のしがらみにとらわれず、幕末を懸命に生き、身を捧げた人たちの生き様に思いをはせたい」


会津とは不思議な縁で結ばれている。幼い頃から「サダさあ」という男の話を聞いて育った。美祢市の集落で語り継がれてきたその人は、自刃した会津・白虎隊で唯一生き残った飯沼貞吉(1854~1931)と言われる。長州藩士の楢崎頼三が、地元の美祢に連れ帰って面倒を見たとされ、生き残ったことを悔やんで自害しようとする貞吉を頼三が戒めたとも伝わる。


この話は、楢崎家の家事をしていた女性が口伝えで残してきた。その女性は母方の先祖にあたる。

2008年、貞吉の足跡を探すため県内を訪れた、貞吉の孫の飯沼一元さんと出会い、交流を続けてきた。昨年10月、下関市の功山寺で開かれた志士たちの慰霊祭で、主催団体に頼まれて一元さんに参列を打診。慰霊祭で長州、会津両藩士の子孫が初めて顔をそろえた。


一元さんは会津の有志やファンらでつくる「白虎隊の会」の事務局長。慰霊祭に参列した一元さんから「ぜひ下関でも支部を立ち上げてほしい」と提案を受けたのが、支部設立のきっかけだった。


今年1月には早速、下関市内で処刑された会津藩士の隠密の墓を清掃した。今後は県内で白虎隊の碑を建てることも考えている。


「貞吉と頼三のように、敵味方として争う中でも心の交流があったことを後世に伝えたい」
 

レンタル掲示板
/25