teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1/243 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

白虎隊の想い出と自己聞き取り

 投稿者:三浦佐智子  投稿日:2021年12月30日(木)12時28分44秒
  通報 返信・引用
  世界のど真ん中で兄に捕まってました。
大型戦も勝ち続けて流者や、大会王者歴が、世界中で一番危ない人物の予測という事でした。


日本の国に生まれ続き、柔道無差別級・小型級から大型級と頂点に立つ記録を出し続け、
剣道も空手も合気道も、学校の授業も全科目100点を取り続ける程、世界に活きてると思える日々です。
オリンピック含み、大型世界大会にも柔道だけで立ち続ける等、我ながら、自信あふれる戦いの模様です。
この柔道ある時代に全種目王者記録を出し、王者戦でも王者名に成り、これ以上の成績は現段階で無い、
体が自由で、傷害がありません。

この阪神大震災から続く、地球全土の震災含む災害の年月、自分も世界中を行動し続き、
現在は混血体を担当、日本に住居、阪神間の老化現象症状を考えてる最中、
1995年、阪神淡路大震災が起こり、受け持ってる血肉は怪我に至ってますが、
さほど時間かからず、自由に歩けると予定計算に成ってる程度です。

会津若松城の殿様は、江戸城から西を見る幼児の自分からは、後方に居る方で、水戸のお爺さんと守りが近場、
幼い自分からは、先に江戸城の外を歩いてる兄と挨拶を交わされてる方で、不思議と自分を覚えてくれてる方の記憶です。
世界王者でも或る兄と挨拶出来る方は、全世界でも珍しく、この島国で居たからか、よく覚えてる方です。

会津若松戦の最中、未だお若い格で、当時、兄が死んだとの情報の中も立ち続けられ、あそこまでの長時間、
自分も横に並べれる国内の者でありたいと、想ったもんです。
数人の兄の友人達の情報も飛び交う中、兵隊員達が、意識し続く程に育つ事が出来たのかと、
地球の、この先の歴史が明るい想い、きっと、この後々、楽になるでしょう。
途中、新選組の生き残り達とも会話でき、諦めむ姿、五稜郭まで生き残れた計画、
彼らの死も、生まれ変わり後、楽になると確信できた程でした。
父の友人でもあり、自分の親代わりでもあり、人物との死闘も、明るい未来の気分でした。

今で言う、天皇陛下の上に立つ、後続の上に立つ、兄の父も死んだとの当時の報。
その時代、その報を聞いた時、日本は無くなったと、兄が死んだ時より、落胆を止めれると予測できない程でした。
人々が絶望で後追いをしなかったのは、父が希望を持たせれ、戦場の騒ぎが大きすぎ、曖昧だったとしか頭に浮かばない。
勇逸、居た小路さん達に、どう情報を話したらと、悩んだ風景でした。

世界の王である兄の死の報は、中国大陸に伝わってなく、地球全土にも、会話に兄の話題がない状況でした。
自分が、世界大会王者と記録が出、単純に世界最強の兄は、日本に迄、喜びに来てくれてただけでした。
その頃に日本に居た世界王者、広域王者と言われていた兄に再会話題も無く、
蘇生後も、それぞれの地球上に居た者達が情報を得合ってる様似藻見えず、不思議な近所です。
はるばる遠方から、神が声をかけに来られた程の状況で、目の前で神クラスが、言葉を探してました。


会津若松戦で兵隊員達が、不思議な会話をしており、その情報だけでも、誰かに、言わなければ、
『白虎隊』が永遠に終わらないのでないかと、予測が無くなりません。

・江戸城の殿様が、会津若松城に居る事もあります。
・会津若松城の爺は、水戸の黄門様とは、別人です。
・江戸城近辺に現れる、腕組んでる横幅ある人物は、中国でも人気ある方で、説明は無礼の仕分けに成ります。
 その人物を知らない人間は居ません。武将に育てられた、王朝の王の確率や、周囲の方の確率があります。
 (父の時代の方達は、あっさりと育てられてます)
・白虎隊が終わったの判断は、戻ってきた会津若松城の殿様たちの判断で、うわさの自決場所ではありません。
 自刃事件は行方不明に成った者が生命力無くなる状態だったであり、殆どの者達は城に戻ってます。
 ※最悪展開で、数割情報。
・江戸城か会津若松城の殿様のどちらかは、五稜郭城の終わりとの報で、関東で聞いてます。
・四隊は、殿様の居る場所で、全隊白虎隊になってます。
・新選組の初顔ぶれは、江戸城下町などの武道場の方達で、兄の後輩です。
 含まれてない方も多いです。
・新選組等に登場ある『藤』の表現の人物と、『蛙』の絵の人物は、別行動してますが、
 地球の日本からは裏側の人物で、こちら側に上官が居ると聞き取れ、そのまま移動してきてます。
・『蛇』は、日本神話の頃から話題有りますが、気配感じて、この辺りに居る仕草です。
・兄達は、中国大陸でも有名な最初の王のクラスで、王城の王者でもあり、軍の上層部でもあります。
・日本に警備会社が出来たのは、日本で生まれ変わった王城の警備兵が、仕事をしたがったからです。
・三国志の早々と挨拶分かれた人物の行方は、日本方面で在り、日本から王城に帰ってる姿が在る。
・地球領域の時代最初の将軍レベル政策で『(仮)あさひ』対応が行いあり、悩みに包まれてます。

・この地球のある辺りは、宇宙でも有名で、一部の年頃は、死の領域、砂嵐の領域の様な表現が或る。
・世界王者が死んだ時、全兵隊員含む、人類は呼吸が止まってます。

・現在、全宇宙は、或る現象により、『亜保』状態に成ってます。
 状況が分らないので、一端止る様に指示有りますが、全宇宙が指示を聞き取れてる判断は有りません。

不思議と地球上の歴史全てが、白虎隊の周辺に情報があり、一種の感動です。
他にも、諸々、会津若松城の歴史だけでも、人々が知ってる筈無い情報があります。
連続震災中にて、今回はこの辺で。
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/243 《前のページ | 次のページ》
/243