teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:6/242 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

会津白虎隊の悲劇からから150年経ちました、、。

 投稿者:山内利喜夫  投稿日:2018年 1月27日(土)16時24分18秒
  通報 返信・引用
  「会津戦争」という悲劇があった戊辰戦争から150年経った
本年平成30年、白虎隊の会の皆さんにお知らせしたい事があります。


近年、近隣諸国との歴史認識のずれにより国家間の軋轢が増す最中
スタンフォード大学フーヴァー研究所教授西鋭夫氏著の「新説・明治
維新」の爆発的なヒットが切っ掛けとなり近代史の見直しが喫緊の課題
となっています。


私が推奨する宮城県出身の小野寺直氏(中国四川大学名誉教授)
著の「世紀の敗訴」は傍観者の歴史書とは一線を画す名著とし
て静かなブームを呼んでおり、明治維新・戊辰戦争とは切って
も切れない関係にある白虎隊の会の皆さんに明治維新・戊辰戦争
の真実をお知らせしたく投稿させてもらいました。


「世紀の敗訴」の概要について以下に示します。


行政の許可を受け、先祖の墓の改葬をしている途中で寺側から請われた
「一時中断」の最中、墓は何者かによって暴かれ遺骨は持ち去られた。
同時に出土した遺品はいつの間にか東京都港区に寄贈され「重要文化財」
に指定された。



先祖の遺品を奪還するには訴訟を起こすしかない著者は平成十五年
(ワ)第二九八一九号事件として訴状を東京地方裁判所に提出し民事第
十八部の扱いとなりました。

結果、意味不明な判決文が提出された。

東京地裁で審議された著者の墓に纏わる『改葬権限』の不当審議の経緯から
炙り出された正史のあからさまな事実を綴る書。


             主な内容


平成六年、著者は東京都港区長の許可を得て、白金台在の寺に
あった玄祖父の墳墓の改葬に取りかかりましたが、改葬の途中
寺側の都合で中断させられました。

その後、寺は所有者である著者の許可なく勝手に著者の墓を掘り
起こし「納骨器」を持ち出して港区に寄贈しました。
これは寺が墓所の管理権を無断所得するために行った不当行為である。

当然、行政はその納骨器が寺の所有物ではないことを知りながら、
寄贈を受けたとして「重要文化財」としたのです。

平成八年、日本経済新聞・読売新聞・朝日新聞・毎日新聞・産経
新聞で紹介されNHKでは一時間の特別番組を組み「伊達家の墓地
で発見、青銅器から胞衣桶・・・・」




概要については以上です。


「戊辰の役」で東北の地で即位した通称「東武天皇」は一般的には
「輪王寺宮」であるとされていますがこれは無知蒙昧な薩摩・長州の
下級武士達の作り話なのです。


この作り話を正当化する為に上記に示す陰謀が未だに横行しているの
です。


「戊辰の役」では福島の地で「会津戦争」という悲劇がありました。
東北では実に多くの婦女子が自称・新政府軍に凌辱されていますね。
この「世紀の敗訴」を購読して賊軍「薩長連合」が捏造した偽史で
はなく真実の明治維新・戊辰戦争の実態を知って下さい。


戊辰戦争から150年、心有る福島県民には戊辰戦争の実態が浸透し
つつあります。
東北の地で即位した通称「東武天皇」についての知識も深まりつつ
あります。

白虎隊員の供養の為に、真実を知るべき時がやって来ました。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/107943727ry/3.html

 
 
》記事一覧表示

新着順:6/242 《前のページ | 次のページ》
/242