teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:62/243 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ご報告

 投稿者:あんじ  投稿日:2011年 8月 7日(日)00時23分20秒
  通報 返信・引用
  大変遅くなりましたが、過日ご案内させていただいた、≪「白河見聞館・「戊辰戦争白河口の戦い展」
開館記念講演会および交流会≫の様子をご報告させていただきます。

7月30日、新白河駅に降り立った飯沼一宇様、飯沼一元様、山本英市様、堀田節夫様を
はじめとする遠方からのお客様をまずご案内したのは、東日本大震災で大規模な石垣の崩落があった
「小峰城」でした。
予想以上の被害に皆様驚かれた様子でしたが、時間がかかっても必ず復旧できる国の史跡ですので、
どうぞご安心いただきたいと存じます。

その後やはり震災で被害を受けて延期を余儀なくされ、
ようやく7月24日に開館なったばかりの白河図書館に移動。
その真新しい図書館において「白河見聞館」開館の式典が行われ、資料の寄贈者や
ご尽力いただいた方々に感謝状が贈られました。
そして戊辰戦争の資料館である「白河見聞館」のある、テナント複合施設『楽蔵(らくら)』で
テープカットが行われた後、『戊辰戦争白河口の戦い展』を見ていただきました。
サプライズは、佐藤一男さんが会津から携えてこられた照姫の厨子で、
8月いっぱい展示させていただけることになっております。

午後は1時半から黄檗宗・龍興寺(通称、山の寺)において講演会。
第一部は飯沼一元さんによる「白虎隊と飯沼貞吉」と題してのご講演です。
時代背景や会津藩の置かれた状況、鳥羽伏見の戦いから斗南までの変遷、とくに戊辰戦争の中の
「白河口の戦い」については丁寧に話していただきました。

飯盛山の悲劇と流布された落城説に対しての真実の解説、自刃後の飯沼貞吉の足取り・・・
長州美祢において養育された言い伝えと、貞吉2年間の空白の一致。
自刃後の蘇生にまつわるつらい思いや、美祢での生活を家族にさえも言えなかった
飯沼貞吉の心の内を思うと、何度聞いても胸が詰まる思いがいたしました。

飯沼さんは「白虎隊の会」と「海の会」についても説明され、講演会に参加して下さった
72名の方に会誌創刊号を配布されました。

第2部は西郷頼母研究会会長で、「白虎隊の会」顧問でいらっしゃる堀田節夫様のご講演でした。
演題は 「西郷頼母と戊辰白河口戦争」。
堀田様は白河口の戦いにおいて激戦地となった「稲荷山」に、
【うらやまし 角をかくしつ 又のへつ 心のままに 身をもかくしつ】という、
西郷頼母の歌碑を建立されています。
講演では、残された和歌などに隠された、西郷頼母の心情などを見事に読み解かれていて、
その研究の姿勢と情熱は素晴らしいものだと尊敬いたしました。

さて5時からは皆さん待ちに待った懇親会。
地元の主婦や主夫が心を込めて作った、手作りの料理によるものです。

今回のイベントは、施設の損壊や関係者が被災されるなどして、諸事滞り
ようやく開館できたことから、至らない点が多く失礼もありましたが、
この懇親会で、皆さんがお酒を酌み交わし、和やかに交流されている光景を拝見し、
安堵の思いをいたしました。

飯沼一宇様、飯沼一元様、山本英市様、堀田節夫様、佐藤一男様、大変お疲れさまでした。
心から感謝申し上げます。

今後とも「白虎隊の会」と白河市のご縁がいついつまでも続きますように・・・
皆様どうぞご支援をよろしくお願いいたします。

写真①式典でご挨拶の、最後の白河藩主、阿部家の第22代当主 阿部正靖様
写真②感謝状を授与される堀田節夫様
写真③テープカット
 
 
》記事一覧表示

新着順:62/243 《前のページ | 次のページ》
/243