teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:73/242 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

薩長 会津にエール

 投稿者:桂小五郎メール  投稿日:2011年 6月 7日(火)10時17分1秒
  通報 返信・引用
  今朝、京都府庁から福島県に災害援助活動に行っている職員の方から届いた情報です。

今朝の福島民報に薩長の観光関係者が会津若松を訪問したという記事が掲載されていましたので、参考までにおおくりします。(参照:新聞記事が容量オーバーなので他のブログより検索)

元市長の早川広中白虎隊記念館長も、
「市長時代に、山口県萩市と姉妹都市締結の話があったが、当時の旧制会津中学の卒業生のほとんどが反対で見送った。時代は先に進まないといけない。」と、語っています。


ネットで調べたら、福島のあるペンションオーナーのブログにも載っていましたので転用します。

「今日の福島民報記事」

鹿児島県と山口県の観光関係者が、風評被害で苦しむ会津若松市を応援しようと今月六日、同市の会津鶴ヶ城を訪れる。「薩長盟約」による支援で、震災後の観光交流促進を目指す。百四十三年前の戊辰戦争で敵対した会津との関係に、果たして一石を投じることになるか。
鹿児島県「薩摩」と山口「長州」の観光連盟は2年前に「薩長同盟」を結び、観光交流を進めている。震災直後から会津若松市や本県を応援しようという機運が高まり、JTBグループの仲立ちで実現する。呼びかけに応じた関係者約50人が会津若松市に駆けつけ、両県の代表が会津若松市の代表にエールを送る。
会津若松市の菅家一郎市長は「民間レベルの観光関係者の交流は歓迎したい」としている。ただ、郷土史に詳しい七十代の男性は「戊辰戦争の歴史を踏まえると、「薩摩」「長州」を強調した応援は会津人として素直に受けていいものか」思い複雑な心境だ。

 
 
 
》記事一覧表示

新着順:73/242 《前のページ | 次のページ》
/242