teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:79/243 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

わたしたち長崎人ができること

 投稿者:日下義雄  投稿日:2011年 4月 4日(月)21時13分56秒
  通報 返信・引用
  3/31にソカイネットワ-クというボランティア団体が旗揚げしました。
「長崎に住む私たちが今できること、それは心を一つにすること」を
合言葉に、私たち長崎人ができることをやろうと長崎ソカイネットができました。
疎開して来られた方々に、それぞれができることをやって、あたたかくおもてなしを
しよう。NAGASAKIの文字にはaとiの母音しかありません。
ai=愛。それが長崎人の心です。
私もボランティア登録し活動に参加しています。
趣旨は
東日本大震災の被災地では復旧に向けた懸命の努力が続けられていますが、復旧には時間がかかります、地域外へ「疎開」する動きも始まっています。
長崎県や長崎市も公営住宅の提供などを表明しており、長崎市内でも現実に受け入れが始まっています。
しかし、長崎に縁者がおられない方だと、到着しても「どのバスに乗ればいいか」からはじまり不案内なことが多い上、生活必需品も十分でないまま新生活のスタートを切ることになる恐れがあります。
また、高齢者や子どもを抱え、避難所生活を長期間続けることは難しいと思いながらも、疎開先でどういう暮らしが待っているだろうかと心細い思いを感じ、踏み出せないご家族もおられるのではないでしょうか。
私たちは、行政が空き住宅を提供するだけでなく、市民が中心となって「長崎ではみんなが力を合わせて温かく迎え入れる」というメッセージを出し、このことで「長崎に行けば落ち着いて将来のことを考えられるかも知れない」と被災地の方々の心に少しでも灯りがともればと考えます。
また、実際に長崎に来て「良かった」と思ってもらえる方々を一人でも増やし、将来にわたって、長崎と東北各県の絆を深められればと考えます。

必要となる生活用品の提供を長崎市民に呼びかけ、明日より受付を開始します。疎開生活の必要に応じて貸し出し・提供を行っていきます。現在、2組のご家族が福島より疎開されています。
少々、遠い長崎ではありますが、会津とは江戸時代から縁の深い土地です。万全の体制をしいて、安心して疎開できる環境を作ってお待ちしています。
詳しくは長崎ソカイネットのHPをご覧ください。
長崎支部としてもボランティアとして活動していきます。

http://nagasaki-sokai.net
                  長崎支部長 工藤新一
 
 
》記事一覧表示

新着順:79/243 《前のページ | 次のページ》
/243