teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:121/242 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

飯盛山墓前祭への参加

 投稿者:飯沼貞吉  投稿日:2010年11月 3日(水)16時14分28秒
  通報 返信・引用
  9月24日、恒例の飯盛山墓前祭が開催され、参列しました。
玉串奉奠では、「白虎隊士飯沼貞吉子孫」として紹介されました。
この式典の目玉は、会津高校剣舞会による「白虎隊剣舞」奉納です。
19名の高校生が舞い、1名が「少年団結す・・」を吟じる。
そのルーツは、明治15年寄合白虎隊士中条広記と旧家老諏訪伊助、
蘇生者飯沼貞雄の妹の夫である飯河小膳らが「会津復興は教育にあり」
として日新館を再興した時に遡る。
文学部教授に迎えた佐原盛純に白虎隊17回法要のため作詩を依頼し、
再興した日新館の生徒は、住吉神社の境内を借りて剣舞の練習に励んだ。
当時の住吉神社の宮司は自刃した白虎隊士池上新太郎の父與兵衛である。
完成した剣舞は、明治17年飯盛山墓前で執り行われた第17回法要で
松平容保公や、多くの旧藩士が見守る前で奉納された。
演ずる吟者は飯沼貞雄に見立てて舞ったと、初代吟者を務めた長岡家に
伝えられている。
このような経緯を受けて、会津では、白虎隊剣舞を特に神聖なもの
として受け止め、男女共学となった会津高校でも剣舞は女子禁制と
なっている。
この日は、墓前祭を主催する会津弔霊義会の芳賀公平理事長に
白虎隊自刃の地跡に懸案の「自刃の真相の説明版」設置の検討
を依頼した。今後、現地の真部支部長を中心にして実施に向けた
検討が行われることになった。

http://byakko1868.web.fc2.com/

 
 
》記事一覧表示

新着順:121/242 《前のページ | 次のページ》
/242